フラーレンの優れた抗酸化力でエイジングケアしようの情報ページ

フラーレンの優れた抗酸化力でエイジングケアしよう

フラーレン

近年注目されている成分にフラーレンがあります。フラーレンは抗酸化作用に優れた成分で、ノーベル賞化学賞を受賞した成分です。

 

老化の元である活性酸素を抑制する作用があるフラーレンは、エイジングケア成分として人気が高まっています。

 

肌の老化を防ぐ活性酸素を抑制する力がビタミンCの125倍あるフラーレンは、その強力な抗酸化作用でエイジングケアに欠かせない成分と言われています。

 

さらに、コラーゲンを生成する力はプラセンタの800倍もあり、ピンとハリのある肌を保つために必要な成分でもあります。

 

また、メラニンの抑制にも効果が期待でき、シミを抑制する働きがあります。

 

つまり、フラーレンはシミやソバカスを防ぎ、ピンとハリのある肌を保つなどの肌の老化防止に非常に重要な成分だと言えます。

 

フラーレンはエイジングケアになくてはならない働きを持っていますが、特に重要なのが、フラーレンの活性酸素を抑制する働きです。

 

そもそも活性酸素はウイルスや細菌から体を守ってくれるもので、体に必要ななくてはならないものです。

 

しかし、紫外線やストレス、喫煙や食生活などにより活性酸素が増加することで、体を酸化させるようになります。

 

酸化した肌はコラーゲンやヒアルロン酸などの減少を生み、肌のハリが次第に失われてシワやたるみなどの肌の老化を引き起こします。

 

肌の老化を避けるには増えすぎた活性酸素の抑制が必要なのです。

ビタミンC誘導体は、角質層の奥まで浸透する持続性、安定性の高いビタミンCです。このビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体、新型ビタ...

先日、ショッピングセンターに出かけたついでにドラッグストアで化粧品を購入しようと寄ったのですが、やはり好きな女優さんやモデルさんがポスターで宣伝している商品は、...

▲フラーレンの優れた抗酸化力でエイジングケアしよう 上へ戻る

フラーレンの優れた抗酸化力でエイジングケアしよう page top