コラーゲンの種類別のスキンケア効果は?の情報ページ

コラーゲンの種類別のスキンケア効果は?

コラーゲンの種類別

スキンケア商品の中にも美容維持に欠かすことができないコラーゲンを配合している商品がたくさんあります。ただしコラーゲンにも色々な種類があります。

 

原材料が豚などの動物から抽出された動物性コラーゲンなのか、魚などから抽出された海洋性コラーゲンなのかによっても異なりますし、人口的に合成されたコラーゲンなのかによっても異なります。

 

コラーゲンの種類によってT型、U型などと分類され、それぞれがもたらす効果が異なります。また、コラーゲンの大きさ=分子量によっても種類があります。

 

肌馴染みを良くするために開発された低分子コラーゲンやお肌の表面にとどまらせて潤いを維持するために役立つ高分子コラーゲンなど大きさによって役割が異なることも覚えておく必要があります。

 

スキンケア商品の場合は肌質によって使い分けることができるようになっているものが多いですが、配合されているコラーゲンの種類を見分けることで自分には何が適しているのか判断することができます。

 

どのようなコラーゲンが配合されているのかを必ず確認し、自分が目的としているスキンケア効果を得ることができるかを確かめるようにしてください。

ビタミンC誘導体は、角質層の奥まで浸透する持続性、安定性の高いビタミンCです。このビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体、新型ビタ...

効率良くたるみ毛穴を改善するために化粧品を使用する際には配合されている成分に注目しましょう。たるみ毛穴の改善に必要なのは適度な潤いを取り戻し、若々しい肌の力を呼...

先日、ショッピングセンターに出かけたついでにドラッグストアで化粧品を購入しようと寄ったのですが、やはり好きな女優さんやモデルさんがポスターで宣伝している商品は、...

▲コラーゲンの種類別のスキンケア効果は? 上へ戻る

コラーゲンの種類別のスキンケア効果は? page top